So-net無料ブログ作成

私が会社を辞めた理由① [事件]

こんばんは。
水曜日がやってきました。

今週、会社を退社しました。
10年以上働いた、40人ぐらいの会社でした。

何回かにわけで、会社を辞めるに至ったのかを
書いていこうと思います。

少しでも、わけのわからない身体の症状で
悩んでいる人の役に立てばと思います。


私が辞めた理由は、身体を崩したからです。
医者から部署を移動するか、会社を辞める以外は
治るのは難しいですねと言われたのがきっかけでした。

身体を崩す症状が出てきたのが、
約2年前の部署移動から始まりました。
部署移動する前は、マーケティング部で調査や集計、通販をやっていました。
突然、お客様相談室に移動の話が参りました。

一番の理由はお昼当番の電話対応ができるから・・・・と
詳しくはその時お客様相談室の上司Aと女性Bの不仲から、
女性Bが総務に移動させる為、私に矢が刺さったとのこと。

私に説明した総務部次長と当時の上司は、
「相談室の仕事は、将来の私の為になるから」と
とってつけた言葉を並べていた。

内示だからと繰り返された。
この時の音声は、もちろん録音してある。
何か起きた時に、「公表」する為だ。

移動後、上司Aは私に
電話対応や、パソコンができるから、
自分が楽をしたい為にどうやらお願いしたようだ。

慣れない電話対応や、相談室の業務。
通販サイトのリニューアルだった為、
仕事は激務だが上司Aは定時で帰っていった。

上司Aは仕事中に3回以上おやつを食べ
Webサイトのファッション雑誌
写真館で撮った家族写真を眺め
前髪をずっと気にしていた。

さらにセミナーだといって外出し、
休日出勤の代休といって休みを取った。

だいたいの仕事の流れがわかってきたとき、
上司Aの行動に疑問を持つようになった。

それは休日出勤したという日の次の営業日、
仕事が片付いた形跡が全くなかった。

それと同時に月一の報告書も、数字やデータは
すべて私が出し、それをコピペするだけだが
残業したり、家にPCをもって帰り
22時過ぎに部長Cへ提出していた。

主な登場人物
私(10年以上勤務)
上司A(移動時、9か月勤務)
部長C(上司Aの上司。日本人ではない)


この時、「めまい」と「頭痛」の症状が出始めていた。
この後、とんでもない事件が起こったのだ。

続く








始めは女性Bは、女性とってはお客様相談室の仕事は、いい仕事だからとの事。
しかし9月末には、私の前で女性Bは、良かった、こんな会社でお客様相談室をやっているなんてあり得ない。終わってる。部署移動できて本当に良かったと言い始め。約2年間、女性Bのせいで部署移動させられたのに、そう言われ続けた。

後々わかったのだが、お客様の電話をとれて、パソコンが出来る人。室長Aが楽して仕事がしたいとのこと。

9月から、馴れないお客様相談室の仕事と、通販の仕事と、残業続きの激務だった。
室長Aは定時で帰って行った。

ちなみに室長Aは仕事中にお菓子を食べ、ファションのWebサイトを見て、ずっと前髪を弄っていた。

しかもセミナーにいったり、休日出勤をして代休をとっていた。

だいたい、仕事の流れがわかった頃
室長Aに疑問を持つようになった。

知らない間に休日出勤して、代休をとっている。しかし仕事は何も片付いた様子もない。

月一、開発の部長に提出するレポートと、数字は全て私が出し、ひな形にまとめるだけなのに、残業または家にパソコンを持ち帰り、22時過ぎにメールで開発の部長に提出していた。

ある日、年末調整の書類を朝イチからやっている室長A。その為、やるべき仕事はすべて私がやっていた。
経理に聴けば10分以内で終わるのだが、室長は16時になっても終わっていなかった。

総務部部長に呼び出された一時離席。
戻ってきたら、今度は総務部次長と人事女性Cが来て、パソコンとスマホは回収します。こちらに来てくださいと、私の目の前で連行された。
人事女性Cに、室長Aは、メールとか消した方がいいかなぁ。と慌てた様に行っていたが
人事女性Cは、もう無理ですと言った。

室長Aは翌日から会社に来ることは無かった。

室長Aは入社して1年経っていないのだが、
何回か、休日出勤をしていないのに、休日出勤したと申告し、不当な利益を得て、コンプライアンス違反で、事実上のクビとなった。

素人1人のお客様相談室。

契約社員として、元お客様相談室室長Dが呼び戻された。

他の会社との兼務だった為、週3しか来れなかった。

開発の部長には、元室長Dがいない時は、会社を休まないようにと、圧力をかけられる日々。

クレームがきても、開発には関係ないの空気一色だった。

11月半ばから3月31日まで、超不安定なお客様相談室だった。

4月より新しい上司、室長Eが来た。
電話も、パソコン、アイディアから実行するスキルも全てなかった。
そう、彼はお客様相談室初心者だったのだ。

それでも、なんとかやっていたが、
部署移動後、私の身体に異変が起きたのだ。

朝、起きて、犬の散歩やお弁当を作ったあと、
起きていられなくなる。
めまい、寒気、暑気、フラつき、頭痛。
兎に角異常をきたしていた。

日曜日、一日中寝ている日も少なくなかった。

もちろん、会社を休む日も増えて来た。

ある時開発室部長に呼び出された、
君は月曜日休むのが多すぎる。
みんなは少ない。数えたが君だけ多い。と
土日遊んで、月曜日、休んでいると
因縁をつけられた。

もちろん、他の日に体調崩す事とあったが、
他人の月曜日の休む回数と、私を比べて、その結論は、なんの根拠もないことだ。

はってでも月曜日に会社に行き
別の曜日に休む事もあった。

原因不明の体調不良。
更年期かと思ったが、経験者からそんなもんじゃないと言われた。

何かある毎に、開発の部長に言われ、
パワハラで訴えようかと思った。

このままじゃ、おかしくなると思った時
知り合いから心療内科を紹介されて、
受診してみた。

診断は漢字四文字で済みそう、○○障害という
ストレスが積み重なり、症状が身体に出たので。

医者より、今の会社を変えるか、部署移動をしないと難しいと言われた。

心療内科を紹介してくれた知り合いに相談したところ、
会社の事も話していたので、会社を辞めてみたら?
部署移動しても、会社の状況は変わらないから。

考えたところ、このまま病状が悪化したら
それこそ社会復帰ができない。
その事を考えた時、

私は会社を辞める決断をした。

仲良い会社の社員からは、
辞めたら有休なくなるよ。と言われた。

ダメだ。この会社の人は、おかしい人が多い。と判断し

私は会社の人に相談しないで

6月に室長Dに辞める旨を伝え
7月に開発の部長へ伝え、辞表を提出。
辞表の提出も、○日で良いとの話だったのに、急かされ前倒し。

7月末に社内に発表した。

面白い、おかしく、辞める動機や、次の仕事は何をやるんですかと、ノーテンキに聞いてくる社員。

また、本当に病気だったの?と、行ってくる社員もいた。

しかし私は、10年以上こびりついている何かが取れた。スッキリした。
最終出勤に連れて、どんどん気持ちが楽になり、病気の症状はでなくなった。

会社を辞め不安より、
自分の身を守る方を取ったのだ。

この10年間、会社から受けた仕打ちは
忘れない、

パワハラで訴えようか、考えた。
上司のミスや失敗で、私が怒られ、謝ることもあった。

これも良い経験になったと思う。

美談ではない。
もう、こんな会社と関わってはいけない。
と、いう事だ。

この経験は、無駄ではない
いつか絶対役に立つ。

私は、有休が新たに付与される日を待って
約40日の有休と、ボーナスを貰い。
今週の火曜日、会社席が抹消され
解放されたのだ?

私がいた会社は、一部の社員がクーデターを起こし、それを利用され、外資からきた人に
事実上、乗っ取らあれたのであった。


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 1

葵夙

おっくーさん nice!ありがとうございました。
by 葵夙 (2017-12-07 00:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。